FC2ブログ
ごちゃごちゃメモ@TERA
TERAの自分用メモブログです。
201811<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201901
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
60ID 封禍神蝕の冥堂攻略

60ID 封禍神蝕の冥堂攻略 


第1ボス - ログランとエグレシア 
冥堂1ボス
「ログラン」はダンジョンに入って最初に戦うことになるボスです。 このボスは全域攻撃魔法を使うカイドンの司祭モンスター「エグレシア」とともに現れます。エグレシアは望楼の上にいます。「エグレシア」は無敵状態になっていて倒すことはできません。「エグレノア」はモンスターというより一種のトラップだと思えば理解しやすいです。

戦闘が始まるとボスエリアの角に「赤い野獣制御装置」が 1個ずつ計4個出現します。 このオブジェクトを破壊するとキャラクターに最大30万のダメージを吸収するバリアが5秒間かかります。「制御装置」の破壊が攻略する上で重要な役目をします.

「ログラン」はこの制御装置を活用することで全滅することなく討伐することができます。戦闘開始後、1分後から1分ごとにエグレシアが望桜から下って全域魔法攻撃を行います。このタイミングに「制御装置」を破壊してバリアを張ることでのみ生存することができます。全域魔法攻撃さえ防御できれば「ログラン」を討伐すること自体は難しくありません。

※「赤い野獣制御装置」は一度破壊すると3分後再生成されます。
上級では最初に出る4つの装置が再生されないので5分以内にログランを倒さないとPT全滅になります。

主要攻撃パターン
ブレス攻撃 
冥堂ログラン ブレス攻撃
「ログラン」が使う遠距離攻撃パターンでまず後方に後ずさりして、その後、前方に3発ブレス攻撃した後に左斜め前方から中央そして右斜め前方に1発ずつ計3発ブレス攻撃します。「ログラン」が後退りしたらブレス攻撃を準備するモーションなのでタンカーを除いた他の人は「ログラン」の側面にいたほうが良いです。

突進ジャンプ攻撃 
冥堂ログラン ジャンプ攻撃
「ログラン」が上の画像のように身をうずくませると突進ジャンプ攻撃を使います。この攻撃パターンは突進後元々いた位置にジャンプして戻ります。戻る際も攻撃判定があるので当たるとダメージを受けます。ただし、ランサーがリーシュすることで阻むことができます。

なぎ払い攻撃 
冥堂ログラン なぎはらい攻撃
怒り攻撃であるなぎ払い攻撃は両手を利用して まず右から左、そして左から右へと2回連続で攻撃するパターンです。このパターンは前方全体が被撃エリアとなるのでタンカーを除いた他の人は側面にいたほうが良いです。

エグレシア全域魔法攻撃 
冥堂 赤い野獣制御装置
戦闘開始後1分後から1分ごとにエグレシアが望桜から降りてきて全域魔法攻撃を行います。この攻撃を阻むためには周りにある「赤い野獣制御装置」を破壊して保護バリアを生成しなければなりません。

冥堂 ログランテロップ 
下級では「エグレシアが現れた!」というメッセージが出されます。メッセージが出たらパーティーの一人(通常は回復職が担当)が制御装置の中の一つを破壊すれば良いです。進行をスムーズにするために制御装置の体力を10%位まであらかじめ削っておくといいです。


タイムアタック区間 
冥堂ログラン 呪いのトーテム
ログランを討伐するとヤングガルという道が出現します。道は二つありますがモンスター種類の差があるだけで難易度の差はありません。どちらかの道を選択して進行すると「呪いのトーテム」が出現します。このトーテムを破壊するとその先の部屋への道が開かれてます。

冥堂ログラン 回り込みTA
タイムアタックをする場合は2ヶ所の「呪いのトーテム」を破壊する必要があります。
本来はログランを倒したあと、二手に分かれて2つの呪いのトーテムを破壊しますが、ログラン討伐後、左の道を進んでいき「呪いのトーテム」を破壊して進んだ部屋の付近に小型MOBがたくさんいるので、それを右の道を進んだ先にある呪いのトーテムにつながる道を封鎖している柵のところに誘導して、ノックダウンなどで柵の向こう側に飛ばし、スレイヤーやウォリアーが回り込みで柵の向こう側にいき呪いのトーテムを破壊してくるのが一般的になりつつあります。
 
冥堂ログラン TAタイマー
2つの呪いのトーテムを破壊すると部屋の中央に「隠された魔法石」が現れ、画面右上にタイマーが表示され10分からカウントダウンが始まります。

冥堂ログラン 秘密の通路タイマーがスタートしてから二番目のボスであるアガルタを倒し、その先に現れている呪いのトーテムの破壊までを10分以内に行うと「秘密の通路が開かれた」というメッセージとともに左の道の柵が開きます。
タイムアタックをやっていない場合は左の柵は開いていないので右の道を進むことになります。
タイムアタックに失敗した場合は左の柵を開くことができないので、通常と同じ右の道を進むことになるだけです。

2つの道の違いは、道中の一般MOBが異なることと左の道を進んだ場合は倒すべき中型(見た目は中型だがタイプは一般)の数が1つ減るだけです。


第2ボス アガルタ 
 冥堂 アガルタ
二番目ネイムドである「アガルタ」はタイムアタック区間にいるボスでタイムアタックを行う場合は早く討伐することが重要です。外形はトルゥサを少し変形した感じで攻撃パターンもトルゥサと同じなので難しくボスではありません。

アガルタと戦闘状態に突入すると入口が閉まってボスエリアの端に刺の出る落とし穴が生成されます。
そして、ボスの体力が95%になると右側と左側の壁にドリルが生成されます。

ドリル召還後、1分が経つと一方のドリルが作動します。以後、1分ごとに一方のドリルが作動します。ドリルはプレイヤーキャラだけではなくボスにもダメージを与えます。ドリルを利用してボスにダメージを与えることができます。プレイヤーキャラがドリルに触れると即死するので戦闘中は常に気を付けなければなりません。

主要攻撃パターン
連続攻撃 
冥堂アガルタ連続
アガルタが手を持ち上げて立ち上がると連続攻撃を準備する姿勢です。合計6回連続で手を打ち下ろしながら進み、かなり痛いので気をつけなければなりません。ランサーやバーサーカーは盾防御しても押し込まれます。特にドリルが作動する時アガルタに連続攻撃を食らうとドリルの攻撃も食らうはめになることがあります。この姿勢を取ったときはスタンスキルで攻撃を阻止するのが望ましいです。

ドリル 
冥堂 アガルタドリル
戦闘開始後1分ごとに作動する「ドリル」がアガルタ攻略の核心だと思われます。このドリルにキャラクターが被撃すると即死しますが、アガルタもダメージを受けます。したがってタンカーはボスがドリルに当たるような位置取りをすることが重要です。

一番安定的な位置取りはボスを自分と作動するドリルの間に置くことです。ボスを貫いたドリルは被撃判定が消えてキャラクターは被弾しません。タンカーはボスの背後に次に作動するドリルがあるような位置取りにすればいいです。

※ 火力職と回復職はドリル作動時被撃されない空間に移動するか、タンカーの後に移動した方がいいです。エリアの端の刺の出る部分に行くとドリルは当たりませんが、作動した刺で転倒した際に運が悪いと内側に押し出されてドリルで即死する場合があります(保護の書を使用しておくと転倒しないのでこの様な事故を避けられます)。

第3ボス - コルヌス 
冥堂コヌルス 
アがルタ討伐後進んでいくと三番目ネイムド「コルヌス」の部屋に到着します(タイムアタックの成功/失敗に関係なく二つの道の最終目的地はコルヌスの部屋です)。

コルヌスのところでは2種類の部下モンスターが登場します。一つはプリーストを召還する「守護僧兵召喚装置」です。召還装置は登場後15秒後、プリーストを召還して、以後30秒ごとに一匹ずつ引き続き召還します。

もう一つはボスの反対側の部屋に召還されるエグレシアです。 エグレシアが召還されるとエグレシアのいる区域はスキル使用不可区域になって、召還後20秒後にはボスのいる部屋に隕石が落ちます。隕石にあたると大ダメージとともに防御力減少デバフにもかかります。

エグレシア自体はキャラクターで直接倒すことはできませんが、倒す方法は簡単です。エグレシアが登場した部屋にパーティーの中の一人が進入するとエグレシアと同時に召還されたモンスターが誘導弾を発射します。下級では誘導弾が遅い速度でキャラクターを追尾してくるので、これを誘導してエグレシアに被撃させることでダメージを与えて倒すことができます。

主要攻撃パターン
バフ活性化 
冥堂コヌルスバフ
コルヌスは矛と盾をぶつけて自分にバフをかけます。このバフはコルヌスの力、防御力、攻撃速度を 5%ずつ増加させます。このバフは延々とかかっていくのでモーションを切らないと時間が経つほど強まってタンカーの負担が大きくなります。 攻略を容易にするためにはこのモーションを取った時にスタンをかけることです。

突進攻撃 
冥堂コヌルス突進
コルヌスが使う突進攻撃はランサーの突進スキルとガインテンスダッシュをあわせたような攻撃で、一度被弾すると多段ヒットされながら大ダメージを受けることになるので気をつけなければなりません。

※ 突進攻撃は怒り攻撃なのでコルヌスの目が赤目になった時に避けるといいです。


守護僧兵召喚装置 
冥堂 装置
コルヌスの体力が80%、60%、40%、20%になると守護僧兵召喚装置が召還されます。召還装置が召還するモンスターはコルヌスに防御力バフとヒールを使うので放置すると攻略が難しくなります。モンスターが召還される前に守護司祭召喚装置を破壊した方がいいです。もしモンスターがすでに召還されていても召還装置を先に破壊して追加召還を阻んだ方がいいです。

気をつける点は召還装置のある範囲内の対象にはMPを持続的に消耗させるデバフ結界でかけられていることです。早く破壊しようとするなら遠距離火力職はスキルで、近接火力職は通常攻撃で破壊することをお勧めします。

※ 近接火力職は召還装置が召還される前に通常攻撃でコルヌスを攻撃してMPを満たしておけば結界の中でもある程度の時間スキルで攻撃することができます。

エグレシア召還  
冥堂 隕石1
コルヌスの体力が70%、35%になると反対側位置にエグレシアが召還されます。召還されたエグレシアは20秒ごとにボスがいる所に防御力減少デバフがかかる隕石を落とすので、全滅を避けるためにはエグレシアを早く片付けなければなりません。

冥堂 隕石2
ただし、エグレシアが召還される場所はスキルを使うことができません。エグレシアを倒すためにはエグレシアといっしょに召還されたモンスターが発射する誘導弾を利用しなければなりません。パーティーの中の一人がエグレシアがいる所に入って行くとモンスターの誘導弾がその人を追尾してきますので、この誘導弾を誘導してエグレシアに被撃させることで倒すことができます。

エグレシアは足の早い職が片付けるほうが容易です。エグレシアが召還された部屋に入った人は誘導弾がエグレシアに当たるように誘導しなければなりません。もし入って行った人が死んだら他のパーティーメンバーが入っていってエグレシアを倒さなければなりません。

ボスの体力が70%になってエグレシアが召喚されたら、エグレシアを倒すまではボスの体力が60%をきらないようにしたほうが安全です。60%をきってしまうと守護司祭召喚装置が現れ、隕石が落ちる中で装置の破壊をすることになります。特に上級の場合は装置を破壊するまでに僧兵が1体沸くケースがほとんどで、僧兵の相手もしないといけなくなります。
ボスの体力が35%になってエグレシアが召喚された場合も同じ理由でエグレシアを倒すまではボスの体力が20%をきらないようにしたほうが安全です。

もし全滅の危機になったらタンカーがコルヌスのタゲを持った状態で入口の方に移動すればリセットさせることができます。

ラスボス - カプリコーン 
冥堂 ラスボス 

コルヌスを倒した後、最後の部屋に入ると最終ボス「カプリコーン」との戦闘が始まります。カプリコーンはこれまでなかったタイプの新規中型モンスターで広域攻撃と後方攻撃パターンが多いモンスターです。

広域攻撃はボスが床に魔方陣を描いたときに発動されます。魔方陣攻撃は範囲攻撃である黒い魔方陣とフィールド全体を攻撃する赤い魔方陣があります。黒い魔方陣攻撃はボスの体力に無関係にランダムに発動されます。

そして赤い魔方陣攻撃はボスの体力が50%以下になると使い始めます。この時、部屋の中央に「魔方陣制御装置」が生成されて、ボスは状態異常無敵バフがかかった状態で中央に移動して全体捕獲スキルでパーティーメンバーを1ヶ所で集めます。そして、攻撃が発動されて大ダメージを受けることになります。

主要攻撃パターン
振り下ろし攻撃(刃) 
冥堂 ラスボス刃
カプリコーンが刃を前方に振り下ろした場合、二つの攻撃の中の一つを連続して使います。

冥堂 ラスボス刃+デバフ炎
一つは前方直線上に爆発を起こす攻撃です。この攻撃に被弾すると持続的に体力が減少するデバフにかかるので気をつけなければなりません。

冥堂 ラスボス刃+後方
もう一つの攻撃は鎌を上で振り回して後方を攻撃します。この攻撃に被弾すると大ダメージを受けるので火力職たちは後方より前方側面に位置取りすることをお勧めします。

なぎ払い攻撃(みね) 
冥堂 ラスボスミネ
カプリコーンがみねで叩きつけた後はなぎ払い攻撃をする時があります。

冥堂 ラスボスミネ+なぎ払い
この場合、後ろに退いて広い範囲に回転攻撃をします。範囲が広いだけでなく大ダメージを受けるのでモーションを確認したらタンカー以外はボスから距離をとったほうがいいです。

火炎弾 
冥堂 ラスボス火炎弾1
カプリコーンが触手のような左手を突き出すと3個の火炎弾を発射します。火炎弾に被弾すると大ダメージを受けるので避けることをお勧めします。

冥堂 ラスボス火炎弾2
火炎弾は直線に打ち出されるので横に動けば簡単に避けることができます。

黒い魔法陣(近距離攻撃)
会堂ラスボス近距離大ダメージ攻撃2
カプリコーンが黒い魔方陣攻撃の際に「面倒なものは片付けてしまえ!」と叫ぶ時があります. この場合黒い魔方陣内部に大ダメージがきます。該当のメッセージを確認したら黒い魔方陣の外に避難すると被撃を避けることができます。
※黒い魔方陣攻撃をメッセージなしで使う時もこの近距離攻撃です。

黒い魔法陣(遠距離攻撃)
会堂ラスボス遠距離大ダメージ攻撃2
カプリコーンが黒い魔方陣攻撃の際に「虫けらめ」と叫ぶ時があります。この場合は黒い魔方陣外部40mにかけて大ダメージがきます。該当のメッセージを確認したら40mの外に逃げだすか黒い魔方陣の中に入って行くと被撃を避けることができます。

赤い魔法陣
カプリコーンの体力が 50%、40%、30%、20%、10%になると赤い魔方陣攻撃を使います。この攻撃は避けることができないと即死するので気をつけなければなりません。

会堂ラスボス赤い魔方陣攻撃1
まず碑石が出現してカプリコーンが中央に移動して黒い魔方陣攻撃のパターンを使います。

会堂ラスボス赤い魔方陣攻撃-2
その次に小さなへびが現れ、カプリコーンは鎖でパーティーメンバーを引き寄せます。鎖をかけられた瞬間にタイミングを合わせてジャンプすると引き寄せを回避できます。

会堂ラスボス赤い魔方陣攻撃-3
そして、カプリコーンが飛翔してフィールド全域に赤い魔方陣が描かれ始めます。この赤い魔方陣攻撃を避けるためには特定位置に登場する小さな蛇がいる所に移動しなければなりません。小さな蛇はランダムで誰かを鎖で引っぱった後、巨大な蛇頭碑石がそばにいるメンバー全員をくるみます。これにより赤い魔方陣攻撃から守ってもらえます。もし蛇頭碑石にのまれなかったら上の画像のように碑石の後ろに移動すると死亡を兔れることができます。
蛇が現れる場所の順番は上級ではランダムですが下級では順番が決まっています。

※小さな蛇を攻撃すると蛇頭碑石の出現が遅くなり、カプリコンの即死攻撃発動までに碑石が出現しない場合があります。この場合は全滅を避けることができません。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。